松戸市 秋田県人会


菅総理からのお礼状

先日、菅総理からのお礼状が届きました。
掲載させていただきます。
(令和2年10月1日)

(令和2年9月30日)

917、秋田県人、法政OBの会を含む若干名で「菅さんをながもちさせる会」と銘うち、食事をともにしました。席上、菅さんの母校、県立湯沢高の先輩がこんな話をされました。

「私は、官房長官のまま仕事をし続ければいいと思っていました。重圧のかかる総理大臣という仕事は、命を縮める事になるのではと心配します」

同郷人、同窓生として、菅さんのことを心から大切にしたいという心情がうかがえました。これからマスコミを賑わすのは「黒いウワサ」「金にまつわるスキャンダル」等にたくさん誌面を賑わすことでしょう。どれひとつとして架空の話ではなく、しっかり説明はし続けなければいけないと思います。公職にある(私も含む)以上、世間から批判された場合、ていねいに説明をし続ける努力こそが大事だと思います。3大紙は、こぞって新内閣の世論調査の結果を報道しており、かなりの人気です。人気を気にせず、役人と上手に政策立案にあたってほしいと思います。

(令和2918日)


一日一日脱皮いただければ

   安倍カラーから菅カラーに

 

 

日刊紙は、菅総理・菅内閣報道で埋め尽くされております。期待半分、不安視する人もかなりおられます。私は期待値7分、不安値3分といったところです。

同郷人として、同窓生としての期待するところですが、何より私が一番恐れるのは、実績を作るために官僚を急かし、自分の指示に従わない役人を、平気で人事の面で冷遇した事実があるだけに、又ぞろ総理になって成果をあげるために、この手を使うのではないかと心配しています。カスミガセキの役人は固唾を飲んで、どんな手を使ってくるのか見ているに違いありません。桜を見る会を来年は中止すると言明したことは立派です。どうか、安倍カラーから菅カラーに一日一日脱皮いただければと思います。

ふるさと秋田では、菅さんのこれからの仕事ぶりをハラハラしながら応援している人がいっぱいいるそうです。

(令和2917日)


法政という二文字を大事にして下さい

 

昨晩の菅自民党総裁の記者会見を見て感じたことは、実に誠実に対応していることでした。官房長官時代(今でもまだ官房長官)と違って、真面目に国民に話をしていることに感じ入りました。このようなマスコミとの対応を続けることにより、国民と総理との距離を縮め、親近感を持ってくれるに違いありません。

秋田県人・法政大学出身という共通の生い立ちを持つ者として、私と共有できることは「バカ正直」に生きてきたということです。何事にも正直にまっすぐに取り組んできたと勝手にそう思っております。ともすればその事によって誤解を生むこともありましたが、私は同じ生き方をしてきたのではないかと思っております。法政という二文字を大事にして下さい。

明日はいよいよ組閣です。思い切って菅派の人事を移行してくれる事を望みます。

(令和2915日)


秋田県人として生涯忘れることができない日

 

 今日は、私たち秋田県人としては、生涯忘れることができない日です。なんのあてもなく上京し、苦難を乗り越えながら、多くの人々の支援を得る中で、とうとう自民党総裁に昇り着いたのです。本人にとっても感慨ひとしおのものでしょう。自民党総裁選イコール内閣総理大臣は、16日に開かれる臨時国会で指名されることになります。代議士になった時に、「将来俺は総理になるんだ」と堅く決意は決してしていなかったと思いますが、こつこつ与えられた仕事をこなすうちに、多くの方々から信頼を勝ち得たのではないでしょうか。

 秋田県人特有のねばり強さで、国民の幸せ追及のため、自民党という枠にとらわれることなく、美味しいお菓子を食べながら頑張り続けて下さい。急いで解散はしないで下さい。

(令和2914日)


 8月28日、昼頃から、秋田県人会を中心として加藤ぶどう園の園庭を借りて、久しぶりに弁当を食べながら、今年は何にも行事を行うことができないことを残念だといいながら、楽しいひとときを過ごしました。平日でしたので、ほとんど後期高齢者ばかりの集まりになってしまいましたが、お互いに元気をもらいながら来年まで達者でね!とお別れしました。(令和2年8月31日)

 梅雨も明け、暑い日々が続いております。みなさん、おかわりありませんか。
おうちにこもることが多くなったこの時期、外の空気を満喫しにお出かけしませんか。
このたび、ぶどう狩りを企画いたしました。
詳細は下記のご案内をご覧ください。↓

印刷は、ここか、または、ご案内の画像をクリックしてください。
(ブラウザの戻るボタンでお戻りください。)
                     (令和2年8月7日)
コロナ禍の上、厳しい暑さの中ので開催でしたが、皆様のご協力を賜り、おかげさまで盛況のうちに終了させていただきました。
お集まりいただきまして、誠にありがとうございます。
こころより御礼申し上げます。(令和2年8月31日)

8月4日付の秋田魁新報に載っていた記事です。↓(令和2年8月7日)

新型コロナウィルスがはびこる昨今ですが、例年参加していただいております秋の松戸祭りも今年はまだどうなるかわかりません。今後の活動や動きがありましたら連絡を致します。どうかみなさん、ご自愛ください。

【 お知らせ 】

秋田県人会のみなさんの中で、お子さんの就職やご自身の生活の不安を抱えていらっしゃる方は事務局へご一報ください。

           秋田県人会事務局

               TEL 047-367-6039

松戸市在住の


秋田県出身の方


是非!!


ご入会ください。

 


年会費は無料です

 

各種の楽しい催しをご案内いたします

 

連絡先:松戸市上本郷3004

 小沢あけみ事務所内 松戸市秋田県人会

 電話 047-367-6039


プロフィール

松戸市
市議会議員 
 小沢 あけみ(暁民)

 父の意志をついで社会の矛盾や諸問題を前向きに取り組んで
松戸市を開拓するべく議員を11期にわたり市政一筋に取り組んでおります。

お気軽にご相談ください

お問い合わせ先:
047-367-6039

※メールにての
お問い合わせはこちら

アクセス

所在地

〒271-0064
千葉県松戸市上本郷3004番地

アクセス方法

新京成 松戸新田駅 
下車 徒歩5分
常磐線   北松戸駅 
下車  車5分
Powered by Flips
編 集